IN MY HOME

2007年05月25日

前日。

e3e1aafb.jpg

 …カピバラ!




cfd435f6.jpg

 くらげ。






 空港で待ち合わせ。
 着くなり妹が私の髪の毛をエクステと勘違い。てめぇとは正月に会っただろうが。てか四年前から是の髪だよ。
 弟と母が「お前の動きは『ガッキー』に似てる」とか言って「ガッキー」を酷い貶し言葉と勘違いした私は半ギレ。
 父は何時の間にか医者通いらしく、油、卵、穀物類を控える食生活らしい。
 然し昼御飯に海老天丼を食べて搭乗。
 北海道へは午後三時頃着き、父と母とコパコ(姉の旦那様)はホテルに。
 私は姉と姉の友人とあと弟妹と旭山動物園へ。
 動物園は余り好きでは無いのです。
 何かドラマをやったとかで有名だと妹が言うけれど、知らない。
 然う、然んな事は知らない。
 如何でも良いんだ。
 だって…!
 カピバラが居ると言うのだから!!
 あ〜♪可愛い♪
 と言う事で率先して動物園へ。
 メインなのかやたら人が集まって居た白熊やアザラシは無視。写真は一枚も有りません。
 クラゲとカピバラを姉弟が引く程撮って堪能。
 其の後、夕飯はジンギスカン。
 あー先の動物園に居た羊だね〜可愛いね〜(肉片も。)美味しいね〜、と妹と話しつつ堪能。
 明日は結婚式。

 
7dac7867.jpg

 ジンギスカン前。
 姉の友人、みぃちゃん、姉、母、のんの(メンズ)、父。




 

cubic_garden at 22:55|PermalinkComments(101)

2007年01月04日

神のカード。

 
 昨日は子宮内膜症かと思われる程の激痛と戦っていた為、夢は見て居りません。
 気絶と同様な感じで眠る羽目に。
 病院行かなくちゃ。

 久し振りの実家。
 盆暮れ正月に素直に帰省した例の無いワタクシですが。
 珍しく帰って来ないのか等と言う電子文書を母上から戴いたので
 そう?と思って何と無く帰省。
 然んな斯んなで実家で御座居ます。
 序でに免許の更新に行きましたら何と。
 到頭。
 ゴールドカードです!
 紙七年目ですのに!
 最早、神のゴールデンカード。
 絶対、天国行きです♪

 序でに母方の祖父母にも顔見せ。
 会うのは二年振りくらいでしょうか。
 私や母や祖父が空けた湯飲みにお茶を淹れては急須にお湯を入れに台所へと御茶酌み人形と化して一度も座らない祖母と。
 既に目の前には祖母が出したクッキー各種が有るにも拘らずバナナチップスを薦め干し柿を薦める祖父。
 御元気そうで何より。
 私とおばあちゃんは誕生日が同じ。
 今度から花を送ってあげよ。
 不義理な孫で御免なさい。

   

cubic_garden at 21:13|PermalinkComments(171)

2006年08月15日

緩慢生活。

 帰省中、で御座居ます。

 然し矢張り如何にも。
 私には。
 一人暮らしと何ら変わり無い気がするのですが。
 食事が出る、洗濯しなくて良い、掃除しなくて良い、等。
 日々の細々した事をしなくて良いではないか、と言う事で実家の方が楽、
 な筈、なのですが。
 例えば。
 朝、起床。弟は既に何らかの用事で出ている。私は居間の絨毯の床に毛布一枚で直に寝ている。隣に妹。各々の部屋が有る筈なのに此処の人達は寝たい所で眠る習慣の様だ。五時に私の携帯アラーム機能が炸裂した為、妹は五時に起床(私は熟睡。)して、勝手に私の携帯をいじり、繰り返し機能まで止めてから二度寝中。私は六時に起床。寝ている妹を見て私も二度寝。其の内騒がしくなって母が朝食を作り始めた様。一度起きるが、三度寝。次に起きると目の前のダイニングテーブルで父、母、妹が私の後ろのテレビを見ながら朝食中。「起こしてね」と言う伝言が無い限り自分で起きて来るまで起こされないのが此処の習慣らしい。食事も用意されたまま放って置かれる。ので是はタイミング良く目覚めた方と言って良いだろう、と起きて朝食。未だ八時。父と母は済んで席を立つ。妹は起きたばかりらしく今茶碗に昨晩の残りの炊き込みご飯を盛っている。私も是の家の勝手が分からないなりに器を探し出しご飯を盛って電子レンジで温めてから食べる。其れと用意してあった目玉焼き。以上。自分の皿は自分で洗う。居間の毛布は来た時も其の儘だったので多分そう言うものなのだろうと言う事で片付けず其処に逆戻りで又、寝る。洗濯物を父が干す。其れを母が座って見ている。母が出かける。DSのどうぶつの森なんとかをだらだらやる。正にスローライフ。十二時、居間で寝ていた妹がお腹が空いたと言ってカップ麺を食べ始める。私はクラッカーと麦茶と此処に来る時持って来たブルーチーズ。妹がカップ焼きそばを半分残したので其れも食べる。居間で寝る。妹は出かける。父が居間にやってくる。残りのクラッカーを食べている様。其れから父はテレビ録画のビデオを見て私はパソコンをやり始め今に至る、と言う訳。
 すんごい無駄な生活っぷりです。
 あ、確かに洗濯してないや。
 掃除は・・・母もしてないや。しとこうかな。
 食事は出て来る様な出て来ない様な。
 恐らく妹がお腹空いたと昼食を食べなければ私も食べてなかっただろうなと思う。
 斯んな中途半端で緩慢な日々に慣れたくない。馴れたくない。
 年老いて斯様な生活が出来るのなら可也夢の様ですが。
 中途半端さも緩慢さも元来の気質で備わっているのでやろうと思えば楽勝です。
 なので一応、未だ若いので。
 逆らっておかないと。
 出来る時期に出来る相応しい事を。
 
 
 今日はきちんと日記らしいものを書いてしまいましたね。
 然し其れも細かいというか。
 下手な報告書止まり。

 

cubic_garden at 16:57|PermalinkComments(48)

2006年06月11日

始まらない終わり。

 
 言いたい事は言わなかった。
 言って良い事は言った。
 言いたく無い事は言わなかった。
 言ってはいけない言葉は。


 て言うか。
 余り喋れないものなのね。
 結局、元部三役会議ですか。同窓会ですか。良いけどね。
 泣けなかった。
 矢張り無理でした。
 泣いちゃったね。
 矢張り無理でしたか。
 見たくなかったなあ、こんなんなら。
 ねぇ。本当に。
 見たくなかったな。
 嗚呼、自分の記憶を護る事は考慮していなかったなぁ。
 強いな、自分。

 然も矢張り××(好きな言葉を入れよう!)してしまって、終始にやけっぱなしだった様に思います。
 本当に御免。
 でも其の御陰で
 一寸だけでも、何かを無くせた様に思います。
 其れから指針を見出す事も出来ました。
 御免ね。有難う。
 本当に、御免ね。


 然して又、日帰りは無理でした・・・
 まぁ、斯んな事でも無いと親の顔も見ないで居る人間なので。
 丁度良いと言う事に成るのでしょう。

 

cubic_garden at 02:23|PermalinkComments(395)

2006年05月07日

火花。

 
 日帰り東京旅行…総合的には 辛かった。のです。

 先ず、某Pの個展。
 此方で言う桜アパートのモダン版、の様なお洒落な赤レンガのアパート内に色々なお店が。
 そんな中にあらあらPのうっすい器だから出来る荒業。
 磁石で鉄板に貼り付けたり出来るのねーガラスの器って、て感じでした。
 残念ながら(?)Pは奥様を送りだか迎えに行ったらしく留守。
 あらありがた…ぐふん、マァ残念!ではワタクシは此れにて。
 サクサク行こう次!あきちゃん御薦めされて行けなかった噂の庭園美術館!
 内容も「北欧のスタイリッシュ・デザイン」!中々興味深い。
 然し何よりもね。
 初めて行ったけれど、凄く良いのね!
 建物が。吃驚ですわ!
 タイルとか照明とか窓ガラスだとか通気孔に嵌めてある格子とか特に!
 階段の手摺り下のちょっとした処等に御洒落なデザインが施してあって。
 もう溜息。
 本当、建物だけで大満足でした。
 展示物は結構人が多かったので何時もの私の見方(一寸卑怯で失礼。ヒトとモノに対して。)で見て回りました。
 ので、とても良かったのです。
 が、次は庭園美術館でポスターを発見したので近代美術館本館及び工芸館へ。
 然し余りの人の多さに入る気を無くす。図録だけ買って工芸館に向かうが時間切れ。閉館。
 とぼとぼ引き返す。風が強すぎる。
 巻いた髪が台無しよ。着物も歩き難いのよ。歩き詰めに為る事を予想して靴にしたけれど其れでも足が痛い。
 さて最後にメインの筈の工房見学は…
 地図と実際行った場所が余りに違うので辿り着けず断念。残念。
 花屋で母の日の贈り物に芍薬を買ってスタバでバナナフラペチーノを…
 挑戦、しようかと思ったが結局キャラメルフラペチーノに手が。
 ワタクシには未だバナナ味は無理で御座居ます…
 母の日だからってカーネーションは贈りません。私が余り好きで無いし。
 花束作る時には定番だし賑やかしに良いから入れますが。
 私が一番好きな花、其れは芍薬で御座居ます。なので白の芍薬を贈ります。
 あの丸く美しい蕾が綻ぶ瞬間を如何か御覧あれ母君。
 然し。
 矢張り最後の最後迄、アレには見張られていた様で。
 帰りに先の駅で人身事故が起きたとアナウンス。
 是の場に居た全ての人にさっとよぎる様々だけど何よりも一つの絶望。
 普通電車は遅れ、熱海で足止め。
 もう、静岡県内なのに静岡は何て横に長いの!何てね御免ね静岡。ラヴユー!
 ぎりぎりの鈍行でゆっくり寝て帰ろうと思っていたのに仕方無く新幹線に。
 自分で買った芍薬と優しき眼鏡の青年になごむ。有難う。新幹線なごみ。
 取り敢えず実家に辿り着く事は出来ました。
 変わらない此処の人達にも感謝。

 此の日、電車に乗って居た人々に
 ひとつの命の代償が
 色んな形ではあれ、それぞれに等しく、相応しく分配される様を見ました。
 命が消える瞬間の火花。
 火の粉が飛んでちいさな火傷が出来た。
 でも私、火傷には慣れて居るのです。
 然して忘れてゆく。
 ひとがひとに与える影響。
 私は昔、此の影響を限り無く少なくしたいと思って居たんだ。
 今は、如何かな。

 

cubic_garden at 20:59|PermalinkComments(92)

2006年03月27日

許される人達。

 ほんとうに 面白い人達が居るものです。

 会う時は皆、優しくて
 そして
何かしら事件を起こして居る。

 其れを話してくれて。
 其れでも明るくて。

 あの時から 何も、なあんにも変わって無いのは
私だけじゃあないかしら。

 何も起こらず起こさず変わらずに。
居たのじゃあないかしら。

 いつも羨んでばかり居ります。
 私も譲れないものが有って此処に居る筈なのに。

 自分の停滞さを再認識出来ます痛烈に。
 有難う。
 いつまでも友達と思っていても大丈夫ですか。なんて
 言わずとももう私は斯う決めてしまって居ります。

 斯様な人達の記憶に残る事も 許せる様に成らなくては。



cubic_garden at 11:15|PermalinkComments(31)
自己紹介
ちゃこ
    硝子に携わる。
    油絵を少々。
    歌が好き。
古文書保管所