IN MY HOME

2009年03月10日

春の雨の様に。

b14a6d87.jpg12f3a5bc.jpg


7387f41d.jpg04d040cb.jpg

 
 実家にて。
 自転車でコンビニへ向かうと。
 白木蓮が、咲いて居ました。
 然かも、白木蓮通りが有って。
 象牙色の霞が続く路。
 知らなかった。
 

da9954d6.jpg

 
 姉は離婚や特に何と言う事も無く、旦那と子を連れて遊びに来ただけでした。
 私以外には一度会った事が有る為か、
 甥っ子は私が視界に入る度に泣きました。
 うう…。
 
 
 夕方。
 ホウ様とデエト。
 何も買っては居ないのに。
 何だか、沢山、貰いました。
 見るだけであっても。
 其処に共に居る人物に拠って得るものは、随分、違うんだなぁ。
 素敵な時間。素敵な珈琲。有り難う。
 未だ、色々、作らなくては。

 
 
 
 素敵な瞬間が。
 春の雨の様に。
 細く、細かく、降り注ぐ。
 気を付けないと、風邪を引く。
 
daea64ae.jpg


 



cubic_garden at 20:59|PermalinkComments(564)

2009年01月06日

ドロシーの帰還。

e3a05e25.jpg 
  頼り易いひとが、頼られ慣れる訳では無い。
  頼られ易いひとが、頼られたい訳では無いのです。
  ひとの重さって、相当なものなんです。
  少し、肩がぶつかった程度でも。


 
 
 と言いつつも、どっぷり頼り尽くして帰還。
 静岡では本当にドロシーに成りかけました。黄色い道しか歩けない(苦笑)。


 帰省滞在最終日、母と妹が映画を観に行くと言うので着いて行きました。
 何を観るのかと聞くと、二人から「知らん」と素晴らしくユニゾン。決めずに観に行くひとたちなのね。
 「ウォーリー」を観ようかとも思いましたが、子連れ狼M兄さんから「(個展追い込みの疲れからもあったけど)すぐ寝ちゃった。」と聞いたので回避。
 結局、どれにしようかな的選択で「K-20」を観ました。
 感想は、まあまあ。
 特に感慨深い内容でも無く、面白スプラッターでも無く、重く泣ける訳でも無く。
 只管、痛快アクション。仲村トオルが好きだから良かった様なものでした。
 もう最近は全て「ダークナイト」と比較して仕舞います。
 「ウォーリー」を観るべきだったかな。
 何か面白い映画が出ないかしら。

 
 


cubic_garden at 17:36|PermalinkComments(437)

2009年01月03日

摘む食卓。

 
 何か又、色んなひとに言われたので、
 仕方無く実家に帰ってみる二日。

a170c73f.jpg

  姉以外の家族が揃った夕食。
  家族で酒を酌み交わす。
  此れが初めてだと思います。
  一番下の妹(画像上端)がやっと成人したのだわ。
  赤葡萄酒と白葡萄酒。



6106f8b3.jpg

  御摘みだらけの御節。



 三日。
 
39c39230.jpg

  ホウ様と合流し、昼間っから酒を飲む。
  御摘みは勿論、甘いもの。



1ab7680b.jpg

  カラオケを経て新年会兼同窓会へ。
  又、飲む。
  杏サワーから麦焼酎ロックへ。
  話も弾み過ぎて休まれない。
  本当、変わらないなぁ。



 其の後、ホウ様と二人で初めてのワインバーへ。
 こじんまりしていて中々居心地は良い。
 後、猫が居る。ふかふかの。
 ワインに詳しくなくても御勧めをすっと選んで下さる女主人。
 素敵。
 御摘みはチーズ。何かふかふかの。美味。
 本音をぽろっと洩らしたり。

   
609cb715.jpg

  ホウ様と別れて御迎えが来る迄、珈琲で待つ。



 飲んでばかりの一日でした。
 明日は静岡迄、デートの御誘い。
 連れ去られます。
 

 



cubic_garden at 23:53|PermalinkComments(519)

2008年08月14日

純、嬢者。

 
 然して今日はホウ様とサシで
 うふん、
 二人で仲良く喫茶しに行って参りました。
 
 とっても美味しい某タルト屋さんで夏限定の桃のタルトと同じく限定のバナナとヨーグルトのタルトを買い、「お帰りまでどの位掛かりますでしょうか。」とお姉さんににこやかに聞かれて「10分程です。」と答えた二人組は、店を出て数歩の花壇に腰掛けると其の場で紙袋から箱を出し、直ぐにも箱を開け、二人してタルトを手ずから貪り喰い始めました…
 美味しかったですええ勿論。
 食べる迄に三分も経って無かったね♪
 だって喫茶スペースが無いのですもの。
 青空の下で食べる●ルフ●ボンのタルトは最高でした。
 
 其れから今回発掘した喫茶店にて御茶を。
 御洒落で素敵な珈琲屋さんでした。
 其処で、私が行きそびれたフジイフランソワ展の図録をホウ様が持ってきてくれたので、珈琲を飲みながら「素敵!素敵!」と喚きながら貪り見ていたら。
 御隣に座ってらした素敵なおじさまが見せて欲しいと仰って、ドウゾドウゾと自分の物でも無いのに薦めたら。
 何故だか其の場に居たお客さんやらお店の方に迄、回し読みが広がって。
 皆、素敵素敵と言う事で。
 あの場に居た七人が皆、一寸でも共通する観点を持って居る事が判明したのでした。
 面白い場に居合わせて仕舞いました。

 其れから二人でカラオケへ。
 戸川純様「好き好き大好き」を二人熱唱して締めれる私達は如何なのでしょうと、一抹の不安も過ぎりつつ、夕飯はインドネシア料理。
 辛い。美味い。揚げバナナとアイス美味い。

 何て充実した一日だったのでしょう。
 ホウ様、有難う。
 搬出も頑張ろう。(違う意味で。寧ろ珈琲の意味で。)

 

cubic_garden at 22:32|PermalinkComments(561)

2008年08月13日

拾年者。

9f63273b.jpg
 
 行ってきました。




 搬入、無事終了です。
 毎度定番、夏のOB展で御座居ます。
 宣伝等、もうすっかり忘れて居りましたが。
 卒業生も今回で十三期が入り、可也の大所帯です。
 クリエイト浜松にて土曜日迄、遣って降ります(遅)。
 搬入後は同期の友人達(ホウ様、王様、ぷち改め王女、変わって短毛、変わらず鯖)と飲み。


82c09731.jpg

 今年で十年の付き合いに成るのでしたっけ。




 然して、何故皆さん変わっていないのでしょうか。
 中身が変わらないのは分かるけれど、見た目が十年前と然程変わらないのは、魔術か呪いか何かでしょうか。
 御愁傷様で御座居ます。


 いや、有難いのですよ本当。
 いや、嬉しいのです本当。

 

 

cubic_garden at 17:52|PermalinkComments(561)

2008年01月05日

地に足を着ける人々。

 
d31969c2.jpg 
 


 
 昨日。
 同窓会兼新年会の前日ですが、先んじてMH様と密会。
 遅い昼御飯にカフェで富士山の如きパニーニを戴きました。
 其れから二人でぷらぷら巡り歩き。
 車購入の為、残金切実に一万二千圓の私。
 翌日の飲み会と帰り交通費、給料日迄の生活も有るので余り買い物は出来ないなぁ、と思って居たけれど、
 午前中に祖父母宅に顔を出したら、社会人なのにお年玉を戴きました。
 祖母曰く「社会人でも私の孫に変わりないでしょう」です。
 嗚呼お金って素晴らしい。有り難うおじいちゃんおばあちゃん。
 で、余裕から少々油断しまして年始半額セールで帽子を購入。
 全く飾り気の無い灰色フェルトのキャスケット。
 是は取り外し出来るコサージュやブローチを作るしか有りません。


 今日。
 先日見逃したNHK放送でのラーメンズ第16回公演「TEXT」を妹が録画して居たのを知り、感涙に咽び泣きながら鑑賞。
 嗚呼素晴らしき我が妹よ。未だビデオ出たばかりの頃、無理矢理見せといて良かった。あの時家族には不評だったのに。てゆうか見逃した私の馬鹿。

 其れから本命の新年会。
 相変わらずの面々。
 宝塚並に格好良かったり(幹事)、
 ほわっとしてるのに毒舌だったり(会計)、
 自由奔放に笑い転げたり(母)、
 分かり易く論理的に喋ったり(学生)、
 おねーちゃんだったり(大)、
 ちっちゃかったり(小)、
 しょっぱかったり(塩)、
 遅れてきたり(竹平)、
 語り継がれる奇跡(苦笑)だったり(王)。
 私の変わらないのは、話下手と恐ろしく長い髪(参謀、らしいよ)。



 今年も新年に姉を除く家族と祖父母の顔を見る事が出来ました。
 全ては毎年、忘年会や新年会を企画して下さる高校時代の仲間の御蔭です。
 多分「実家に顔を出す」「新年を家族と」なんて理由では帰らないからなぁ。
 なんて。
 久し振りに仕送り(手渡し)とお年玉迄戴いたのに、酷い言い様です。


 皆、其れなりに地に足を着けて歩き続けて居るんだ。
 地面より下の世界に居るのだとしても。
 今、立つ場所が、現在地。

 



cubic_garden at 14:04|PermalinkComments(533)

2007年08月13日

切なさの内訳。

81d70841.jpg

 
 
 高校の卒業生展の為、帰省。
 今日は前日で、「禿ゐさんと遊ぼう会」に参加しました。
 まあ要は同窓会なのですが。
 内二名が子連れ。
 うーもう然う言う歳よね…然うなのよね…。
 嬉しい様な、悲しい様な。
 変わらずには居られないのだけれど、
 変わっていく中でも、変わらずに在るものが有る事が、切ないのね。

 
  
3fa07331.jpg
  某大型玩具売り場にて。
  斯んな所で友人達と一時間もはしゃぐ。


 
0911186e.jpg
  御疲れ様でした。
 




 

cubic_garden at 23:44|PermalinkComments(499)

2007年06月03日

許される私なら。

484763d9.jpg




 逃げます。
 御免、ぎゃん。




 では無くて、
 約束のひとと逢う為に、実家に帰りました。
 一緒に昼御飯にインドネシア料理(美味。)を戴き、駅ビル内でお買い物(母の日父の日プレゼントを買う。)、ケェキと珈琲で一服、最後はカラオケ。
 二人でライブ会場の如き有様を生み出せた様に思います。
 激しかった特にラスト。小宇宙を垣間見ました(笑)。
 夢の様なデエトで御座居ました。
 画像はカシスムースのケエキと甘い煙草。チョコの棒では有りません。

 友達の(未だ辛いのか。阿呆だ。苦笑。)現在の動向を聞く事が出来て良かった。
 流石幹事でいらっしゃいます。
 皆様、相変わらずの様で。
 皆一緒に居たあの頃からもう七年経つけれど、変わらないな。
 変わったのかな。
 私はあなたの目に如何、映るのかな。
 
 

cubic_garden at 23:21|PermalinkComments(590)

2007年05月27日

後日。

43a3f5c4.jpg



 帰りの飛行機の時間迄、適当に遊ぶ。
 是ぞ、北海道!と言う景色、

 馬鈴薯畑。

 と山。山。山。草。木。道。家。
 

 写真は雄大さをイメージして撮りました。
 遠近法、らしいです。(法、使わなくても三次元なんだから…) 
 手前から、姉、コパコ友人、姉友人、コパコ(カブってて見えない。)、私、弟、妹。
 撮影、コパコ友人。
 画像中心の黒ずくめが私。

 久し振りに家族が揃ってはしゃげました。
 もう会う事も無いでしょう。(苦笑。然し家族からのビデオレターの言葉です。)
 肉親に向かって前向きに是の言葉が言える私の家族です。
 

 
f087db39.jpg

 名鉄と足。




 

cubic_garden at 18:55|PermalinkComments(603)

2007年05月26日

当日。

d89dbc84.jpg





 幼い頃からまるで男の子の様な姉でした。
 スカートも穿かず髪が長かったのは幼稚園に入る前迄。
 近所の子供達を集めては色んな遊びを考案して居ました。
 いや、集めなくても集まって来る。其れが幼い私からの姉の印象。
 取り敢えず、人をまとめる力か若しくは人と人をぶつからせない力が有る様だと高校迄の観察結果。
 奴自身が何を考えているのかに関してはよく分からない。
 東京の大学に合格したら何故か北海道に(笑)。オホーツクキャンパス、らしいですが。
 其の後の事は全く知りません(笑)。
 何時の間にか結婚が決まって、一度コパコ(旦那様)と挨拶し、式が決まって制作を頼まれ、式に呼ばれ今日に至る。

 式はもう涙、 一切無し(苦笑)。笑のみ(全く以って笑)。
 ヒールの靴を二度目ぶりくらいに履いた姉は先ず歩き方が可笑しく(アヒルの様。)、其れから式中に三度程転び。
 友人代表の言葉も笑い話ばかり。
 式の最後、新婦から両親への手紙に於いては。
 二月と三月に友人の結婚式を見てきた私は此処ぞ両親の感涙の場!だと知って居ましたが。
 私の家族に其れが通用しない事も薄々感じては居ました。

 「北海道と言う遠い地へ一人出て、寂しさに両親の事を思い出しては、
 なんて事、正直、まったく、ありませんでした。」

 から始まる素晴らしい手紙。
 笑う招待客。
 真顔で頷く家族。
 然う、お前が然んな奴じゃないって事くらい分かってる。
 素晴らしい理解力なのです我が家族。
 
 然して無事、式も終わり。
 ホテルに戻り妹と弟と香水を買ったり帽子屋で閉店迄被せあいをして遊んだり。
 楽しき当日でした。


e6c1eb66.jpg
 
 式場中庭に所縁だか何だかでリンカーンの像がベンチに座って微笑んでいらっしゃったので、遊ぶワタクシと妹。
 「おほほほ、坊や、可愛いわねぇ」と膝の上に座って足を組み頭を撫で回すワタクシ。耳打ちする妹。
 (遊んで居たら知らない招待客がわらわら寄って来て指差されたり写真を撮られました。見世物。)



 
2708bdf0.jpg

 ワインを飲むワタクシ。




 

cubic_garden at 20:58|PermalinkComments(573)
自己紹介
ちゃこ
    硝子に携わる。
    油絵を少々。
    歌が好き。
古文書保管所