2012年01月31日

理由。

 
 「明日には生きていないかも知れないから」、だったんだ。
 昔の私が選んできた理由は。
 然んな事に思い至ったりした。
 其の危機感みたいな、諦感みたいなものが此処二、三年で弛く、溶けてしまっていたんだと気付いた。
 其れは良いことであった筈なのに。
 悪い結果を呼んだと思って仕舞うの。
 
 


cubic_garden at 03:02|PermalinkComments(543)

2012年01月18日

生きてるから。

 
 今日の夢。かなりグロかった。注意。
 でも余り覚えてないのでダイジェスト。
 
 二度、身体をバラバラにされて殺される。いずれも殺されてからバラバラにされるのではなく、バラバラに殺される。
 一度目と二度目に殺される間に、知り合いの某写真家さんと植物園に行く。
 二度目は「何故、お前は一度バラバラになって死んだのにまだ生きているのだ」と言う話になり、麻袋を頭からすっぽり被せられ機関車に轢かされる。私は麻袋を被せられる辺りから隣で自分を見ており、轢かれた後の袋から「はい」とオーバーニーを履いた血が噴き出して収まりかかっている自分の足の付け根から下を一本渡されて受け取る。それを見て「ああ私はこうなる運命で一度は回避してしまったけど、きちんと運命は巡ってくるのだな」とか何とか思った。
 
 
 だから今日は寝覚めからして散々だった。
 家を出る時間に起きて、酷い夢の御蔭で硬直して居る身体を無理矢理動かして7分で支度、出発。
 何とか職場に着くも、朝から良く分からない八つ当たりに遇い、疲れる。
 左手人差し指、右掌を深く刺して怪我。
 他にも窯が原因不明で知らない内に高温迄上がっていたり、生徒さんが失敗したのをカバーして親指火傷したり散々。
 生きてるから仕方無い。
 
 


cubic_garden at 22:53|PermalinkComments(252)

2011年11月19日

生き地獄。

 
 どうしたらいい。
 
 良く分からない気分に侵されて、
 先月辺りからずっと鬱屈して居る。
 自分で分かっているのは、
 価値観を揺さ振られた、若しくは、破壊された、事。
 私が今迄「良い」と思って選んできたこと全てが、駄目だったのかなって。
 私だけ周りが、自分が見えてなかったのかなって。
 
 でも。一番堪えたのは。
 
 価値観が揺るがされたと言うことで、自分に大層な価値が在るなんて思って居ない積もりだったけど、本当に積もりでしかなかったのがはっきりしてしまった事。
 
 
 本当に、傲慢だな、私。
 
 


続きを読む

cubic_garden at 19:26|PermalinkComments(633) suima 

2011年08月22日

言わないこと。

 
 私は弱かった。
 でも弱くて良かったと思えた。今。
 あの時出会ったのがあの人で私を見付けて選んでくれて、あの人を私が選べて良かったと心底思った。
 「選ぶ」とか烏滸がましい、
 と思って居たけれど、受動的でも何でも結局は自分の選択なのだった。
 分かって居なかった。
 私が選んだのだ。
 「比べる」とか侮辱してる、
 と思って居たけれど、自分の為に其れは必要な事だよ。此処数年でよく分かったよ。
 ひと同士を比べて選ぶ事は全く悪くない。其れを理由にひとを蔑んだらいけないけれど。
 其の選択が間違って居るのではとかずっと、もう五年間ずっと、不安だったんだと気付いた。
 やっと、良かったと理解した。
 
 
 如何したら良いんだろう。悲しい。
 斯う言う時、自分が冷静にきちんと分析出来て居る「積もり」でしか無いんだと思い知らされる。
 然して、其れすらも
 「お前に何が関係あるって言うんだ?」
 「結局他人は他人で如何だって良いんだろう?お前は他人の事なんて何にも考えて等居ないのだろう?」
 と言う声に押し潰されそうになってしまう。
 忠告も助言も余計な御世話にしかならないと思ったから何も言わずにずっと、居る。
 只、私にとっては大切なひとが関わって居るなら。
 余計な御世話でも何でも、言わなきゃいけない時が在るのかな。だって言わなきゃ伝わらない。
 然し、あの人達みたいに私は「言わない」事が苦では無い。
 只、言わない事、言わないで居た事が私の大切なひとをふしあわせにするのが苦だ。
 其れがどっちかなんて分からない。其れが悲しい。
 
 
 
 私の悲しみは未だにきっと鰐の涙でしか無くて。
 其れも悲しい。
 
 




cubic_garden at 18:28|PermalinkComments(556) suima 

2011年06月27日

箱戻し。

 
 色々、為に成るお話を戴きました。
 
 其れで、
 然うだ然うだと賛同したり
 何故何故と質問したり
 ダークなオーラが出る程、驚愕したり(笑)
 其れは酷いと憤慨したり
 是はいかんと反省したり
 身につまされる思いや
 私なんて本当に全然駄目なんだ価値無し存在理由無し死ねっと思ったりしましたが、

 アドバイス。助言、忠告、勧告。
 だけど、何れも直ぐに真に受けないこと。
 自分で裏付けを取ること。自分で確信を得ること。
 出来れば背景を見ること。流れを見ること。
 きちんと「其れから」自分で選ぶこと。
 是だけは大丈夫。
 裏返せば誰も信じて無いと取られるかも知れないけれど、其れも大丈夫。慣れてる(笑)。
 疑われるのに慣れてる。信用されないのも慣れてる。
 私が其れが其の人にとっての真実であるか如何かを疑ってなんか居ない。
 私が相手を疑ってなんか居ない事を私が知って居るから良い。
 私は誰も嫌いになれないから良い。十分、是非、嫌って下さい。
 其れから、きちんと選ぶ。自分に合ったものを。
 自分に足りないものを。
 其れでも変えられない意思を。
 色んな才能の塊を目の前して本当に焦るけど、
 私には私の遣りたい事と出来る事と私の歩調が有る筈。
 
 
 慣れ親しんだ歌をもう一度、一音一音聞き締めて、且つ全体の流れのバランスをみて強弱をつけて歌うみたいに。
 慣れなければ出来無い。
 でも、意識して居なくては、出来る様にも成らない。
 








 

 でも。
 厭なものは、
 如何したって、
 いやだ。
 
 







 
 
 あと。
 約束は、守ること。
 
 
 
 
 
 
 


 
 箱に戻すの忘れてた。
 いえ、…何となく(笑)。
 
 


cubic_garden at 17:56|PermalinkComments(618) suima 
自己紹介
ちゃこ
    硝子に携わる。
    油絵を少々。
    歌が好き。
古文書保管所